何もないこともない

日々思ったこと感じことをだらだら書き散らすブログ。

日々、勉強

ここ最近は思い立って興味のある分野の本を引っ張り出して読み直したりしております。
仕事の後はついだらだらして気付いたら1日終わっていることばかりでしたが、本を読み直し始めてからというもの、メリハリがついたというか、だらだらして時間を無駄にしていると感じることもなく、倦怠感も減ったような気もします。
やっぱり何かしらやることを見つけてやったほうが日々、やる気が出るのかもしれません。
あまり気負うとそれはそれでしんどいのでゆったりやっていきたいですね。

初めての針とお灸

度々接骨院に行く私ですが、本日は初めて針とお灸をやってもらいました。
肩こり腰痛がひどく、通院で腰痛は改善したものの、肩は慢性化してしまっているようでして、揉む刺激だけでなく一度別の刺激を入れてみたほうがいいかもとのことで、やってみました。
感想としてはなんかチクッとした。というのと、熱い。という雑な感想ですね。
針を抜くときも別に痛みがあるわけでもなく、ただ違和感はありましたけど。
やってもらった結果、劇的によくなったわけでもないです。
即効性があるものではないのかしら…?
明日の朝起きたらまた違うのかしら…?という心境です。

明日の朝に期待して寝ることとしますか。

本の誘惑

私は本屋が好きです。
所狭しと本が並べられているのも、好きですし手に取って試し読みできるのも、いいなぁと思います。
何よりお目当の本を探しにうろうろしている間に新たに興味を引かれる本に出会えるというのがワクワクします。(それで余計な出費にもなってしまうのですが…)
ネット通販もとても便利ではありますし、ひとつの商品をクリックすると、関連商品だったり、他に似たようなジャンルのものを勧められます。
でもそれってなんだか受動的なように思えるのです。特に探してもいないのにこんなものどう?と差し出されているわけですから。
本屋の中を動き回って本を探すというのは能動的であり、ある種探索で、私はその時間が好きなのです。

本屋がどんどん無くなっていっているという時代ですが、私は無くなって欲しくないなって思います。

〜すべきの罠

苛立ちの原因は、〜すべきだ。という考えからきている気がします。
常識的に考えればわかるだろう。という中には常識的に考えれば(〜べきだと)わかるだろう。という意味が内包されていることが多い気がするのです。
そういう決めつけだとか期待をやめると少しは気持ちが自由になります。
当たり前ながら人は勝手に動くもので自分の思い通りには動かないのです。
思う通りに動けるのは自分ぐらいのもの。
心して生きましょう。

ひとり〇〇

今日は引きこもってパンを焼き、本を読みながらアプリゲームに勤しみ、眠くなったら寝て、平日の朝分の玄米を圧力鍋で炊いて…と引きこもりながらも個人的には充実した1日だったと満足しています。
1日中何もせずに寝るだけだと却って体調を崩してしまうので今日ぐらいの行動が1番いいのです。

誰との約束もなければこうして家に引きこもるぐらい私はインドアであります。
行きたいところもないわけではないし、ひとり行動がさほど苦でもありません。ひとりで喫茶店だのファミレスだのにも入れます。
ただ、面倒なのと、外が好きではないのです。
外が好きではないというよりは人混みが苦手という部分が大きいのですが。
インドアのタイプにも種類があって、家が好きすぎて外に出たくないタイプと、家が好きというわけではないが外に出たくないというタイプがあるかと思います。
私は断然後者ですね。とにかく面倒なのです。
何処かへ出かけようと思い立ってもいろいろ考えている内に面倒になってしまい、また今度にしようとなってしまうのです。そしてまた今度にしたところでそれを咎める人も居ない。
これが人との約束となるとその人の約束を反故にするわけに行かないしということで出かけるわけです。もちろん、約束の段階でその人に会いたい、〇〇へ一緒に行くのが楽しみだというのもあります。
…当日になると多少の気の重さは出てきます。もちろんそれで遅刻だの行かないだのということはしませんがね。

ひとりで思い立ってぴゅーっと即行動する人を私は尊敬しますね。フットワーク軽いなぁ。

そんな人間になるにはどうしたら良いのでしょうね?
ひとまず人との約束がなくても行きたいところがあればひとりで出かけてみましょうかね。

車の点検

今日は車の点検に行ってきました。オイル交換してもらい洗車もしてもらいました。見てみたら車内の掃除まで。ありがたいことです。

車を買ってから知ったことのひとつに、ディーラーはやたらと土日にイベントを開催しているということがあります。
綿あめが作れたり、輪投げやって粗品ゲットとか、野菜がもらえるとか、別にそこで商談をしなくてもいいのです。ただ体験して帰るだけでもいいのです。
もし車のことで気になることがあれば、そういうときについでに聞けるというのはいい点でもあるのかなと。
今回は点検目的で行ったのでイベントをやっているというのは知らずに行ったのですが、駄菓子を頂いてきました。

来年は初めての車検なので今から懐が心配ではあるのですが…。
現在普通車に乗っているので軽自動車に乗り換えてもいいのかもしれないなと思う今日この頃でした。

あちこち悪い話

こんばんは。さっそく1日坊主になるところでした。危ない。
本日私は接骨院に行ってきました。
接骨院にはここ半年ほど通っています。もはや常連です。20代なのに。
肩凝り、腰痛、腱鞘炎を患っています。ほぐしてもらうと頭痛やめまいが和らぐことがわかったのでもう接骨院なしでは私は生きられないのです。
デスクワークの結果か、はたまたストレスか、長年の猫背のせいなのか…。
悪いのはそれだけではありません、昨年の秋あたりに、左目が流行性結膜炎に罹り、角膜炎にまでなってしまい、未だに完治しておらず眼科に月1で通っております。放っておくと、まるで目に睫毛が入りっぱなしなのか?と思うような目の痛みに襲われるのです。
さらに他にも問題の部位があるのですがあれそれ挙げてもキリがないのでこの辺で。

とりあえず言いたいのは身体を大事にすることって大事だということです。
私は身体を粗末にしたわけではないですが…。
身体が痛むためにこの若さにして無茶ができないというのが辛いのです。

今日のぐだぐだはこれまでー。