何もないこともない

日々思ったこと感じことをだらだら書き散らすブログ。

書きたいことはあるはずだ

前回より1ヶ月以上あいてしまいましたね。

これを書こう、あれを書こうとそのときには思うのにどうしてその気持ちや記憶が持続しないんでしょうねえ。

この1ヶ月は仕事も忙しく心の余裕がない1ヶ月でしたね。

 

心の余裕と言えば、心の余裕がないときは大体人は冷たくなったりイライラしたりしますが、心の余裕がないときに出るそういうところこそが本性だと言われたりもします。

心の余裕があればみんな普通は優しく親切にできるものだとも言いますが。

でも常日頃からイライラして冷たくする人は何なのだろうと思います。そんなに常に余裕がないとは一体どういう生活をしているのでしょう。

しかし、更に思うのです。冷たかったりイライラする人は誰にでもそうなわけではないのだと。

自分より上の人にはそんなことはせず、下の人に向かってそういう態度になる。

つまるところ、人を選んでいるのだと思います。

人を選ぶことは余裕がなくてもできるものなのです。

 

そう思うと繁忙期の間に八つ当たりしてきた方達は私を下に見ているのだろうなと思うのです。

もちろん、歳も社歴も私の方が下ではあるのですが、だったら何を言ってもいいわけではないと思うのです。

そういう方達の対応を、私は決して忘れないと思いつつ仕事をしていきます。

反対に、繁忙期の余裕のない時でも私を労ってくれた方達のことも忘れないです。そういう方達がいるから、私はまだ頑張れるのかなと。

 

悪い人は悪いけれど良い人は良い。

そしてきっと他の人もそれを見ているのだと私は思います。