何もないこともない

日々思ったこと感じことをだらだら書き散らすブログ。

写真式というもの

ご無沙汰すぎますが、書きたいことだけ書くスタイル。

 

写真式をしました。いわゆるフォト婚。

ただ写真を撮るだけというよりも、小規模な結婚式をしつつ写真を撮られている、という感覚です。

やりようによってはもっと通常の結婚式に近付けたようですが、私にそのようなやりたい事だとかがなく(あったら普通に結婚式やっていたのでは)、まあまあ極々段取り通りに行いました。

 

段取り通り、とは。

まあオーソドックスと思われる行程だったということです。

 

まずは、参列者(両家の家族のみ)より、2〜3時間近く早く入り、身支度(ヘアメイク、着替え)を済まし、まずは2人のみで様々な写真を撮られます。ちなみにカメラマンは女性でした。

ヘアメイクや他のスタッフも女性で、私はやりやすかったですね。

これは余談ですが、洋装だったにも関わらずギュウギュウ締め付けられました。

ブライダルインナーというコルセットに似たような物を下着として着けて、ドレスを着るわけですが、ドレスも背中部分は紐で締められるのです。

ちなみに、二の腕やお腹が気になっていた私はプチダイエットをしていたのですが、これが却って裏目に出た(?)。

試着の時よりも細くなった(らしい)ため、やたらとずり落ちかけるように。

ブライダルインナーの上から滑り止めのようなものをつけるものの、胸元が地味に下がっていく。

結局、本番前に、タオルを2、3枚詰めました…。

着心地は着物のようでした。つまりきつい。

でもお陰で安定はしたので、仕方がないことですね。

 

話は戻りまして、2人のみの写真をたくさん撮って、本番のリハーサルを終えたあたりでいい時間になっているので、参列者を控え室からチャペル内に移動していただき、人前式へと移りました。

 

人前式ですので、ちゃんとした司会の方もついていただき、都度都度で仕切ってもらえますので、リハで聞いた手順を覚えてなくても全然安心でした。記憶飛ばすしいっぱいいっぱいなんですよね。

 

人前式が終わった後は控え室というかロビーエリアで家族と撮影タイム。

割と好き勝手撮れます。カメラマンの方にも撮っていただけます。

私のスマホはヘアメイクさんに預けていたんですが、ガンガン撮ってくれました。ありがとうございます。

満足したら終わり。

 

後は着替えて終了です。着替えは意外と早く済むんですよね、これが。

最後にロビーで家族と少し話して解散しました。

 

これぐらいで大体20〜30万ですかね。

オプションや日取りによってプラスアルファだったりとかするようです。

小さめなチャペルでしたが、まだまだ人は呼べそうでした。仲良しな子だけ!ってことなら友達も呼べたんじゃないかと。

打ち合わせも2回のみ。最初に日取りや大雑把なプランを決めて、2回目は衣装合わせと実際の少し細かい流れを決めるのみ。

BGMを流そうだとか、ウェルカムボードなどの飾りを置くだとかそういうのは当日に持ってきてお願いするだけ。

普通の結婚式よりはだいぶお手軽かと思います。

 

事情があってあげられなかったけどやっぱりあげたいって人とか、盛大な結婚式はやりたくない……って人向けだと思いました。

 

二度はない(恐らく)体験なのでレポしてみました〜。